更新

教育学教室旅行 2009年

■ 教室旅行の記録

【日程】6/6(土)〜6/7(日)

【行き先】三重県伊勢市

まずは、伊勢市駅で下車し、伊勢神宮に向かって歩き始めました。それぞれの表情がユニークですね。想像しながらそれぞれの「ふきだし」を付けてください。

文房具のコクヨの寄贈碑がありました。


旅の間、赤福餅を何度もいただきました。赤福餅のかき氷もめちゃめちゃおいしかったです。(おいしかった場合は、その感動のあまり、写真が残っていません。残念)。

撮影禁止のところもあったので、集合写真はここまです。

扇芳閣では、大ゲーム大会で盛り上がり、若手教員を囲んでのトーク(やっぱり恋愛関連の話題が多かったですね。でもけっこう辛口のコメントもありました)も楽しかったです。「めだかの学校」、人形博物館、足湯、など、楽しい思い出はたっぷりあったのですが、なぜか、写真が残ってません。それだけ、みんな、楽しんだということでしょうか……。唯一写真があるのは、この宿を出る際の写真です。

2日目はまず常安寺の見学。大学院生の田中さんが九鬼家の歴史の説明。多方面からの質問にもてきぱきと回答。その後、みなとまち文学館に立ち寄り、時間があったのでハイキングコースを使って鳥羽水族館へ。軽登山道にちょっとアゴが上がりましたが、頂上の景色は最高でした。そこには、幸せの鐘がありました。みんな、どれだけ鳴らしたことか……。

で、鳥羽水族館。Hands on型、体験学習型の水族館に感動しました。教育学的にすぐれたdisplayをしていました。あ、でも、みんな見学に集中しすぎて写真が残っていません。

上に戻る

過去の教室旅行のページ (平成 20 _ 19 _ 18 _ 17 _ 16 _ 15 _ 14 _ 13 _ 12 年度)

上に戻る