会則

大阪市立大学教育学会会則

第1章 総則

 

第1条 本会は大阪市立大学教育学会という。

第2条 本会は教育に関する研究の発展を図り,会員相互の研究交流の促進を目的とする。

第3条 本会の事務局は大阪市立大学教育学教室におく。

 

 

第2章 事業

 

第4条 本会は第2条の目的を達成するために,次の事業を行う。

1 年次大会の開催

2 研究集会の開催

3 機関誌(『教育学論集』)の発行

4 共同研究の推進

5 その他,本会の目的を達成するために必要な事業

 

第3章 会員

 

第5条 本会の会員は,本会の目的に賛同し,教育に関する研究に関心をもつものによって組織する。

第6条 会員は年次大会および研究集会に参加し,機関誌においてその研究を発表することができる。

第7条 本会の会員となるには,会員の推薦により申し込むものとする。会員は退会届を提出して退会することができる。

第8条 会員は会費年額3,000円(大学院生1,500円,学部生1,000円)を納入しなければならない。連続して3年間会費の納入を怠った場合,会員としての資格を失うものとする。

 

第4章 組織及び運営

 

第9条 本会には次の役員をおく。

会長 1名  理事 6名(うち常任理事4名)

事務局幹事 2名  監査 1名

 

第10条 会長は大阪市立大学教育学教室・教室代表とする。理事は教育学教室教員4名と会長の任命による2名とする。会長および理事は,理事会を構成する。常任理事は,教育学教室教員4名とし,会長とともに常任理事会を組織する。事務局幹事は理事会の承認を得て会長が委嘱する。監査は総会において選出する。

第11条 会長は本会を代表し,諸会議を召集する。会長に事故ある時は常任理事のうちの1名がこれに代わる。

第12条 理事会は本会運営上の重要事項について審議する。

第13条 常任理事会は会の運営,会務の処理に当たる。

第14条 事務局幹事は庶務及び会計を分掌し,会長がこれを総括する。

第15条 監査は本会の会計を監査する。

第16条 各役員の任期は1年とする。ただし再任は妨げない。

第17条 総会は本会の事業及び運営に関する重要事項を審議し,決定する最高の決議機関である。総会は毎年1回これを開く。票決は,総会出席者の過半数によって議決する。委任状は出席者数に加える。

 

第5章 会計

 

第18条 本会の経費は,会費・寄付金,その他の収入をもってこれにあてる。

第19条 本会の会計年度は毎年12月1日に始まり,翌年11月30日に終わる。

 

附則

 

  1. 本会則の改正は総会の決議による。
  2. 本会則は2011年12月3日より実施する。