関西教育学会第69回大会

お知らせ

関西教育学会第69回大会は、

  • 2017年11月11日(土)
  • 大阪市立大学杉本キャンパス

で行います。

大会プログラム等

大会時程

  • 受付開始      8:40~
  • 自由研究発表    9:30~12:00
  • 昼食       12:00~13:00
  • 総会       13:00~13:45
  • 公開シンポジウム 14:00~17:00
  • 情報交換会    17:30~19:00

公開シンポジウム

民主的な学校づくりと公教育――オルタナティブ教育の視点から問い直す――

14:00~17:00 全学共通教育棟1階811

  • シンポジアスト
    • 藤田 美保(箕面こどもの森学園)
    • 西村 拓生(奈良女子大学)
    • 滝沢 潤(広島大学)
  • 司会
    • 田中 圭治郎(佛教大学名誉教授)
    • 柏木 敦(大阪市立大学)

【趣旨】  周知のように、学校を基本とする公教育制度に内在する画一性や均一性に対しては、国内外においてこれまで幾多も批判がなされ、その克服のために、個性的存在である子ども自身の学びを重視した「オルタナティブ」な教育の在り方を探る取組みが展開されてきた。わが国では、「登校拒否」や「不登校」の児童生徒の受け皿として、こうした取組みに社会的な関心が寄せられてきた側面もあり、今日では、まさに多様なオルタナティブ・スクールが運営されることで学校を相対化する動向が見受けられる。2016年12月に制定・公布された「義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律」(通称、教育確保法)は、そのような動きを公教育の問い直しの観点から顕在化させた大きな出来事の1つだとみなされ得よう。  しかし、一方で、同法では当初盛り込まれていた「多様な」という文言が削られ、学校外での学習を義務教育として認める当初の方針も、結果として明記されなかった点などが批判されている。また、「オルタナティブ」の概念自体が「多様」でありすぎることや、オルタナティブ・スクール自体が(自らが批判していた)「学校」になり得る矛盾を抱えている等の批判も見られる。これらのことから鑑みると、オルタナティブ教育の視点なしに公教育に対する問い直しを図ることは、今日では困難であると思われる。  このような視座に立った上で、本シンポジウムでは、オルタナティブ教育の立場から学校づくりに関わっている方々をパネリストとしてお迎えし、オルタナティブ・スクール自体の抱える矛盾等にも目を向けながら、公教育の抱える問題や課題、そして今後の在り方についての議論を展開したいと考えている。


  • 関西教育学会第69回大会実行委員会への連絡用メールアドレス
    • kaneduあっとeduca.lit.osaka-cu.ac.jp 
          「あっと」の部分を半角の「@」に置き換えてください

上に戻る